ワンモアカレー

スパイシーな日々を

高級モンブランのボールペンがリフィルアダプターMB-01でコスパ抜群に!

値段は高いけど、所有欲を満たしてくれるモンブランのボールペン。

持ってるだけでも大満足なんですが、道具は使ってナンボ!がモットーの自分。

読書ノートにも、ちょっとしたメモにも、普段からガシガシつかっています。

 

 

リフィルも高級品。1本1,000円はちょっとキツい

しかし、悩みどころなのがコスパの悪さ。

 

この通り、替え芯1本で1,000円以上!

油性ボールペンなのでそんなにすぐなくなるわけではないけれど、1本1,000円以上っていうのはお財布にも心理的にも負担。

 

ある程度大きな文具店でないと売ってないしストックしておきたいけど、一度に数千円飛ぶのは((((;゚Д゚)))))))

ブルジョアでない自分にはちとキツい。

 

パーカーの替え芯と違って、モンブラン芯は他のメーカーと互換性もないのです。(まあ、その唯一無二性がよけいに所有欲を満たす所以でもあるのですが 笑)

 

なんとか他のもので代用できないかなー…と探していたときに見つけたのがこちら。

 

 

「リフィルアダブター」というシロモノ。

 

 

リフィルアダプターMB-01でジェットストリームも使える

さっそくポチッと購入。

今回はAmazonでポチったけど、ヨドバシカメラとか実店舗で販売しているところもあるそうです。

 

 f:id:riki_maru:20180314201810j:image

じつはこのメーカーのリフィルアダプター、2〜3年くらい前にもラミーのボールペンでも使ったことがあります。

しかし、そのときは微妙に短くて使いづらかった思い出が。

個体差なのか、設計ミスなのか…

 

そんなだったので、ちょっとした不安はありましたが試してみることに。

 

f:id:riki_maru:20180314201824j:image

 今回はパイロットのアクロインキをチョイス。

いわゆる“4C規格”の替え芯なら、ジェットストリームでもなんでもOKです。

 

 

まずは本体からリフィルをとりだして、、

f:id:riki_maru:20180314201859j:image

 

 

新しい替え芯をアダプターにさします。

f:id:riki_maru:20180314201924j:image

 

 

正規品のリフィルと比べてみると、ジャストサイズ。

f:id:riki_maru:20180314201936j:image

 

 

 

これを本体に戻して…

f:id:riki_maru:20180314201951j:image

 

 

完成!

f:id:riki_maru:20180314202007j:image

 

 

ラミーの時に感じた、サイズの合わなさは一切なし!

メーカーには悪いけど、邪道といわれても仕方ないものだからあんまり期待はしてなかったのですが、今回は本当にジャストサイズ。

 

モンブランの替え芯も悪くないけど、使い慣れた日本製のインクでモンブランが使えるようになって大満足。

そして何よりランニングコストが大幅に下がりました。

1本1,000円から→80円ですからね。笑

 

 

モンブラン使ってるけどインクが好きじゃない…」とか、

コスパが気になって使いづらい…」とか、

そんな方はぜひ使ってみることをおすすめします。

 

 

※もちろん、マイスターシュテュックでも問題なく使用できます

f:id:riki_maru:20180314202017j:imagef:id:riki_maru:20180314202033j:image

 

 

<対応リフィルはこちら>

f:id:riki_maru:20180314201815j:image